ブログ

斉藤浩のブログです。日々のことを少しずつ…

ブログ一覧

ジュール・フィルハーモニー管弦楽団演奏会に出演します!!

10月24日(木)、ハンガリーから来日中のジュール・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に僕もツィンバロンで出演することになりました。この楽団の指揮者でもあり芸術監督でもあり、また武蔵野音楽大学の名誉教授でもあるベルケシュ・カールマン先生とは、なんと10年ぶり。覚えていて下さってとても光栄です。10年前は武蔵野音楽大学オーケストラのツアーでご一緒させていただきました。うーむ、あれからもう10年もたつのか…。

ベルケシュ先生は僕のツィンバロンの師匠ヘレンチャール・ヴィクトリア女史とリスト音楽院時代の同級生なんだそうで…。なんとも不思議な御縁です。

 


ハンガリー・ジュール・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

2019年10月24日(木)18:00開場 18:30開演
武蔵野音楽大学ベートーヴェンホールにて
入場料 1,500円(全席自由)
チケット取り扱い チケットぴあ 武蔵野音楽大学演奏部

プログラム
バルトーク/管弦楽のための協奏曲
リスト/交響詩《レ・プレリュード》
コダーイ/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

主催 駐日ハンガリー大使館 武蔵野音楽大学

2019年10月17日

退院しました!!

6月25日の右目の手術に次いで、7月23日には左目も手術でした。

おかげさまで両目とも無事に手術を終え、失明の危機を脱し、ホッとしています。

たくさんのお見舞いのメッセージありがとうございました。

右目の手術の後の検査で、「左目にも同じ兆候(眼底出血)が見られるので、早めに処置を…」ということでしたが、ようやく手術の順番がまわってきたのでした。右目の大手術に比べ、左目の手術は短時間で終わり、術後の出血や腫れもほとんどありませんでした。

病室からは松江の名所である宍道湖や松江城だけでなく、懐かしい母校の松江北高なんかも見えましたが、「もう病気のこととかを考える年代なんだなぁ…」と、なんだか複雑な気分にもなったり…。それでも、退院して、ようやくツィンバロンの練習、音楽活動を再開できるのは、ほんとに嬉しくありがたく思います。

しばらく通院ですが、この夏はのんびり養生しながら、復帰を目指します。目はホントに大事だと痛感しています。

感謝!!

2019年07月26日

ツィンバロンコンチェルト

ツィンバロン奏者の友人からメールが来て、「こんな素晴らしいツィンバロンコンチェルトがあるよ!!」と教えてくれました。

早速、そのアドレスにアクセス。youtubeで視聴することが出来ました。なんとリスト音楽院の学生Ion Curteanuがソリストです。これはIonのディプロマコンサートなのだろうと思います。ツィンバロン奏者として世の中にデビューする瞬間にこんな素晴らしいコンチェルトで華々しくデビューできるとは、本当に素晴らしいことだと思います。

ツィンバロンは今やれっきとした芸術楽器であります。それを彼が証明してくれました!!

作曲はAlexander Timofeev。オーケストラはリスト音楽院スチューデントオーケストラ(卒業生も入ってます)。2019年5月12日リスト音楽院のショルティーホールでの演奏されたものです。本当に素晴らしい!! Ion, Gratulálok!!!

2019年06月13日

断捨離

今日は衣替えを兼ねて衣類を断捨離し、その流れでもって書棚の楽譜も整理することにしました。

楽譜の断捨離はなかなか勇気のいるものです。自分が学んできた「音楽」を手放す・捨てるようななんだか感傷的な気持ちになってしまいます。でも、手放すんじゃなくて、その楽譜から卒業…というか、旅立つ…というような前向きな気持ちで、今日はバンバン断捨離しました。

かなりスッキリしました。晴れやかな気分です。

今月は誕生月ということで、昨日訪れた松江フォーゲルパークで誕生祝の鉢花を頂きました。「ストレプトカーパス」というスミレに似た花…、ケニアやタンザニアが原産だそうです。すっきりした部屋の出窓に置きました。色も涼しげでGoodです。

ここ最近のモヤモヤした気持ちも一緒に断捨離し、ほんとにスッキリです!!

あと、今日の断捨離中に思ったこと。断捨離作業中のBGMは、リズム感スピード感のある「行け行けGOGO」的なものの方がいいですね。癒し系のBGMだとなごんでしまって、断捨離するものひとつひとつに感傷的になっていろいろ思い出してしまうので、やっぱりここは「行け行けGOGO」です(笑)。

2019年06月09日

日本らしい風景を探して

「令和」になって、万葉集を久しぶりに読み始めて、古き日本にとても興味を持つようになりました。今頃になって…と思うのですが、日本人のルーツや当時の生活環境、風習、価値観など、知りたいことだらけになっています。

先日は八雲・風土記の丘の資料館へ行ってきましたが、本や写真で見るのとは違い、やはり出土したものを見るとダイレクトに時代空間の流れを感じます。

最近、日本人として、これからどう「ツィンバロン」と向き合っていくのか…ということを感じるようになりました。「あぁ…これが日本」と思えるようなものにたくさん出会いたい。そんな毎日です。

松江には由志園という牡丹の有名な庭園があります。ここは四季折々にそれぞれの季節感を満喫させてくれるので、たびたび訪れるのですが、今回は日本らしい「初夏の風景」を探しに行きました。

牡丹の時期が終わり、日なたは暑く眩しく…。そんな中で、池には涼しげな色の菖蒲が咲き、せせらぎの音もさらさらと心地よく、木陰では涼しい風が頬を撫で…。こういう場所にくると次第に心の中で絡んでいたものがほどけていくような感じがします。日本庭園には不思議な力があります。


令和になり、日本を知りたいと思うきっかけが出来ました。ここまで日本人として日本のことをもっと知りたいと思ったことはなかったような気がします。せっかくの機会。今年は日本らしさをたくさん感じていきたいと思っています。
2019年06月05日
» 続きを読む